カテゴリー

最新記事一覧

月刊アーカイブ

西条のカフェと住まい

2019.02.01

 

 西条のカフェの現場も大詰めです。

 仕上げ材がどんどん現場へ運ばれて来て、取り付けが始まっています。

 このカウンターは、入り口からすぐのカウンター席に使われます。

 珈琲と人の想いと共に、無垢板にいい味が出てくるんですよね。

 木製建具もたくさんあります。

 これもまた、いい味になってくるのが楽しみです。

 春が来るとの一緒に、お店もカタチになってきました。

 もう少しです。

 職人さんたちも寒い中、ありがとうございます。

西条カフェ_190201_0134 西条カフェ_190201_0137

Page top

スリランカへ

2019.01.20

 

 ずっとずっと憧れだった建築家ジェフリー・バワ

 まずは、スリランカにあるヘリタンスカンダラマホテルへ行って来ました。

スリランカ_190120_0630 スリランカ_190120_0705 スリランカ_190120_0712 スリランカ_190120_0717

 空港から車で4時間ほどかかりますが、行く価値は十分にあります。

 色んな事、感じることが出来る旅となりました。

 その場所での温度や空気、風の香りや人、そんな全てをこの身で感じることが出来ました。

 写真ではわからない世界。

 ぜひ、皆さまも体験しにスリランカへ!

 

Page top

年末年始のお知らせです。

2018.12.21

 

 みなさまへ

 年末年始の営業日のお知らせです。

 

 わかくさ珈琲

 12月26日水曜日13時LO14時CLOSE

 新年1月7日月曜日9時OPEN

 ※12月22日23日24日は、店休日となっております。

 

 saw建築設計事務所

 12月26日仕事納め

 新年1月7日仕事始め

 

 どうぞ宜しくお願い致します。

 

IMG-3914

 

 

 

Page top

松山市内でリノベーション計画

2018.12.06

 

 出会いから1年。

 計画が固まり、着工の運びとなりました。

 

 想い出の詰まった柱や天井

 残せば、

 新築では出来ない空間になります。

 これから、現場では大変な作業が始まりますが

 宜しくお願いします。

 

IMG_3808 IMG_3809

Page top

古川南の菓子工房と住まい

2018.12.03

 

 先日、地鎮祭を行い

 雲一つない秋晴れの1日でした。

 

 わかくさ珈琲にも、素敵で美味しいスイーツを届けてくださっている

 パティシエさんが、ついに独立されます!

 行列が出来るようなお店になること間違い無しです。

 お楽しみに。

 

IMG_3760 IMG_2393

 

 

Page top

展覧会へ

2018.11.12

 

 今話題の建築家、田根剛さんの展覧会へ行って来ました。

 考古学的リサーチが、ギャラリーの壁面いっぱいに広がり、

 とても濃く、おもしろい空間でした。

 

 クリスマス前まで開かれています。建築に興味のある方は是非。

 TOTOギャラリー・間

 東京オペラシティーアートギャラリーでも同時に開かれています。

 

 

 

 IMG_3584 IMG_3581

Page top

広島へ

2018.11.05

 

 先日、久しぶりに広島へ海を渡って行ってきました。

 学生の頃広島で過ごしたのですが、もう20年も経つのですね。

 

 五日市のイロハヴィレッジへ。

 もみじまんじゅうの藤い屋さんの工場併設店舗で、出来立てのもみじまんじゅうがいただけたり、

 カフェもあります。ランチも美味しかったですよ。

 

 あとは、原爆ドーム前のおりづるタワーへ。

 ここは、感じることがたくさんあり3時間位過ごしました。

 とても素晴らしい建築です。

 ぜひぜひ広島へ行く際には、立ち寄ってみてください。

 人種、年齢問わず、みんなが感動できる空間ですよ。

 

IMG-3424

IMG-3454

Page top

久しぶりに直島へ

2018.10.20

 

 直島は、これで4回目になる。

 初めて訪れたのは、母親と。

 ベネッセに泊まり

 ふたりには広過ぎる部屋で、シャンパンなんか飲みながら

 いろいろ語り合ったのを、なんとなく覚えている。

 あれから13年。

 直島は、常に進化している。

 アートの力は、すばらしい。

 IMG-3133

Page top

new project

2018.10.18

 

 着工までに、3年ほどかかりますが

 新しいプロジェクトが始まります。

 

 クラシカルな構想こそが、100年後に評価されるだろう。

 素敵な言葉に心が震えました。

 

IMG-3182

Page top